新刊情報 「プラトンとプランクトン5号(最終号)特集 親密さのかたち」

文芸同人「プラトンとプランクトン」、このまえの文学フリマで最終号となりましたが、通販で発売中です!

今後はHP中心の活動になります。手に取れるかたちでのぷらぷらは今号でおしまいになるので、ぷらぷらを読みたい人も読みたくない人も、まあ、最後だとおもって、ぜひぜひお買い求めくださいね!

5号のテーマは、「親密さのかたち」。
2年前、たった二人で立ち上げたぷらぷらが、いろんな人を集め築いてきた親密さの集大成です。

174ページ
価格800円

(通販リンクはこちら→https://renazawa.booth.pm

 

 

【5号 内容紹介】

  • 小説・詩・批評
    水原涼・伊口すみえ・なめこ・宮崎智之・深沢レナの通常メンバーに、
    セクシーかつ鋭い批評を書かせれば右に出る者はいないしだゆい & エンタメ作家として大活躍中の雛倉さりえ、の新メンバーを加えた幅広い批評と創作がいっぱい。
  • ぷらぷら座談会「親密さのかたち」
    「あなたにとって最も親密な対象とはなんですか?」という質問からはじめて、「親密さのかたち」について、立場も所属も異なるぷらぷらメンバーが徹底的に話し合った座談会。
    葛藤がなければ親密じゃない? 身体ってひつよう? 元カノや元妻は親密? エスとBLって? いつからわたしたちは日常会話で政治について話しづらくなったんだろう?『月に吠えらんねえ』にみる文芸同人のあり方の変化、などなど、盛りだくさん。
  • 特別企画 離婚者のつどい with 桃山商事
    特別企画には、離婚経験者の深沢が、離婚仲間でありいまをときめくフリーライターの宮崎智之さんと、恋愛相談ユニット桃山商事の清田代表をお呼びし、結婚・離婚にまつわるありとあらゆる疑問についてぶつけたロング鼎談。
    なぜ人は離婚するのか? そもそもどうして結婚しなきゃいけないのか? 結婚という圧は必要なのか? 夫はATMなのか? なぜ『逃げ恥は流行ったのか? 思想の対立は避けられなのか? そして恋愛相談のプロ、清田代表にきく「聴く」男の秘訣とは?
    最後には、さまざまな家族のあり方を提示する文学を検証。
    とてもとても濃い、ぷらぷらならではの結婚考です。
  • 親密さブックス
    ぷらぷらメンバーみなが親密さを考える上でのマイフェイバリットブックを選びぬいたブックリスト! 役立つ!
  • ぷらぷら読書会
    ぷらぷら恒例、ちょっと笑えて、でもとことん真剣な読書会。今回の課題図書は、エトガル・ケレット、マルグリット・ユルスナール、ブライアン・エヴンソン、松田青子の精読! 批評のための文学とは? 文学におけるユーモア、など、深い問題についてディスカっしょってます。
  • タロット占い
    もちろん、ルナティック・サヤによるはちゃめちゃな占いもついてきます。

 

そしてそして今回はぷらぷら専属編集者として竹田純氏が大活躍し、かわいいかわいい編集スタッフ渡邊優太・松山綾花を新たに迎え、インデザインの神様こと福田正知氏が本気を出しました、デザイン面。ゆるいけどかっこよく、かわいくてクールです。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

ぷらぷらとは?

*ゆるくてえぐい文芸同人誌「ぷらぷら」*

「プラトンとプランクトン」は、創作・批評を中心に扱いながら、文学に囚われずさまざまな企画を行う同人です。作家、詩人、大学院生、編集者、漫画研究者、占い師、フリーライター、クリエイターなど多種多様なメンバーから成る「プラトンとプランクトン」、略して「ぷらぷら」。この誌名は、「我々など偉大な先人に比べたらプランクトンのような小さな存在にすぎない」という限りなく否定的な思いに由来しますが、そんなプランクトンが大いなるプラトンに近づくべく、毎月〈ぷらぷら読書会〉や〈小説技術ゼミ〉といった勉強会を開催して、創作の技術を学んでいます。

*ぷらぷら企画*

ふだん文芸にあまり携わらない人でも楽しめるような文芸誌をつくるため、毎号ごとにテーマを立て、文学からは程遠いと思われるような企画も行っています。1号では墓場に写生文を書きにいき、2号では保護猫カフェにいって猫描写バトルを繰り広げ、4号では相席居酒屋でスケッチ文を書いてきました。

バックナンバー情報はこちら↓


ぷらぷら1号〜4号紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です